ジムのランニングマシンはYouTubeも見れる!最新機能をご紹介!

スポンサーリンク
Workout
スポンサーリンク

皆さんはジムでよく目にするランニングマシンの機能はご存知でしょうか?
最近のランニングマシンは「TV」だけでなく「YouTube」「Twitter」なども見れるのです!

最近流行しているYouTuberの動画を見ながらランニングできれば、辛い有酸素も楽しくできるのです。
「新しい店舗だけでしょ?」「会費高いんでしょ?」など思うかもしれませんが、2021年現在においては殆どのジムが同様の機能を備えたものが多いです。

なので今回は、意外に知らない「ジムのランニングマシン」の最新機能についてご紹介します。

ジムのランニングマシンはYouTubeも見れる!最新機能をご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジムのランニングマシンの最新機能とは

ジムのランニングマシンには様々な機能があります。
今回は特におすすめの4つの機能をご紹介します。

・消費カロリー計測
・心拍数計測
・WEBブラウザ機能
・TV視聴

一つ一つ詳しく解説していきます。

消費カロリー計測

ランニングマシンでは、走った距離・傾斜・スピードから消費カロリーを計測することができます。

ダイエットにおいて「消費カロリー>摂取カロリー」にならなければ体重は減りません。
そのためにも消費カロリーを増やすべくランニングマシンを使用すると思うのですが、消費カロリーの数値は感覚的なものになってしまいがちです。

外でランニングを30分しても、消費カロリーが分からないので「あれだけ頑張ったんだから、これくらいは食べても大丈夫だろう」「いっぱい汗もかいたし今日は食べよう」となるので結果として痩せない状況に陥ることもあるのです。

なので、自身がどの程度のカロリーを消費したかどうか判断することができるのでお勧めの機能になります。

ダイエットの基礎知識・仕組みについてより詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

心拍数計測

ランニングマシンでは1分あたりの心拍数を計測することができます。

ダイエットの為にランニングを行う方が多いと思いますが、ただランニングを行うよりも効果的に脂肪を燃焼させるためにも心拍数を管理することが重要です。

ダイエットには心拍数が大きく関係しています。運動時の心拍数には、脂肪を燃やすのに適した心拍数と、体力をつけるのに適した心拍数があります。1分あたり120~130が脂肪燃焼、140~150だと体力作りに効果的な心拍数です。

ダイエットを目的として走る場合、運動強度は上げすぎずに心拍数120~130の範囲で運動するのが最適です。

https://toyokeizai.net/articles/-/224040?page=3#:~:text=%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%84%E5%82%BE%E6%96%9C%E8%A7%92%E5%BA%A6%E3%82%92%E9%85%8D%E6%85%AE%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86&text=1%E5%88%86%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8A120%EF%BD%9E,%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8C%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

なので、ランニングマシンで心拍数を「1分あたり120~130」になるよう調整して走るようにしましょう。

WEBブラウザ機能

ランニングマシンではインターネットに接続し、Google検索やYouTube視聴ができます。

よく「走ってる間が暇で退屈だ」「走っている間が時間が長く感じて辛い」そんな方が多と思います。
実際、僕もランニングマシンを走っていると退屈で、時間も長く感じてとても辛いです。

そこで、WEBブラウザ機能を使用してYouTubeを見ることで、好きなYouTuberや音楽・アニメを見ながら走ることで退屈することなくランニングができます。

TV視聴機能

ランニングマシンではテレビ視聴ができます。

WEBブラウザ同様に走っている間に見ることで、楽しくランニングをすることができます。
チャンネル変更も可能で、数多くのテレビ局番組を見ることができます。

※イヤホンは持参していく必要がある。

ランニングマシンのメリット

天候に左右されない
YouTubeやテレビなども見れるので退屈しない
カロリー計測、心拍数計測もできる
・初心者でも使いやすい

ランニングマシンのデメリット

膝関節を痛める可能性がある
・消費カロリーが屋外に比べて低い
実際のランニングとは異なるものがある

正しくランニングマシンを使用しよう

ランニングマシンは初心者でも使いやすいのですが、使い方が間違っていたりすると正しく効果を得ることはできません。

なので、ここでは正しい使い方についてご紹介します。

ウォームアップ

ウォームアップを行うことで身体を温めることで、筋肉が動きやすい状態を作りましょう。
また、ランニングは膝関節へ負担がかかるので膝関節の事前準備も含めて行いましょう。

ランニングをすることで膝関節を痛めた方も中にはいますので、必ず入念なウォームアップを行ってから行いましょう。

最低20分以上は走ろう

脂肪を効率よく燃焼させるには、ウォームアップ後はランニングより先に無酸素運動である筋トレを行うことがおすすめです。

筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンが大量に分泌されることで血糖値が上がり、体脂肪が分解されて血中に放出された遊離脂肪酸を燃焼します。

つまり、成長ホルモンが十分に分泌された状態でランニングを行うことは、脂肪燃焼には最も効果的なタイミングと言えるので、理想の順番としては「ウォームアップ→筋トレ→ランニング」の順番で行いましょう。

知っておくべきこと

そもそも筋肉トレーニングは筋肉を鍛えることで基礎代謝を上げ、痩せやすい体をつくるために行います。

つまり、ひたすらランニングマシンを使って走っていると筋肉が付かず脂肪だけが減少するので、基礎代謝が低いままですので、リバウンドの原因に繋がります。

脂肪燃焼効果を高めるためにも無酸素運動である筋トレと有酸素運動であるランニングを組み合わせながら行うようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はジムのランニングマシンの最新機能をご紹介いたしました。
再度まとめると以下の通りです。

・消費カロリー計測
・心拍数計測
・WEBブラウザ機能
・TV視聴

さらに、 天候に左右されないのでいつでも走ることができますし、YouTubeやテレビなども見れるので退屈しません。カロリー計測、心拍数計測もできるうえに初心者でも使いやすいのでおすすめです。

この機会に「痩せたい」「引き締めたい」と考えている方はお近くのジムにご入会してみると良いでしょう!

失敗しないジム選びの方法について解説していますので、是非ご覧ください。

「筋肉を付けたい」「バルクアップしたい」と考えている方はこちらの記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました