バルクアップの悩みはこれ一つで全てが解決。【プロのパーソナルトレーナーが教えます】

スポンサーリンク
Workout
スポンサーリンク

皆さんは「デカくなりたい」「筋肉を付けたい」と思ったことはありませんか?

僕はこの思いを胸に、食事から筋力トレーニングまで、本気で頑張り続けました。
人生の半分以上はトレーニングをしています。

僕は、本気で努力し培ってきた「経験」
必死の思いで蓄えた「知識」
いろんな遠回りをしてきたからこそ得る「考え」

そんな僕だからこそ、みなさんにお伝えできることがあると思っています。
なので、「筋肉を付けたい方」「増量したい、バルクアップしたい」「大きく強くなりたい」方は是非見てください。

バルクアップの悩みはこれ一つで全てが解決。【プロのパーソナルトレーナーが教えます】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バルクアップに必要なこと

今までの経験から最短で効率よく増量できる方法をお伝えします。

お伝えすることとして、大きく以下の内容になります。

【概要】
・食事について
・筋トレについて
・体のケアについて

【食事について】
①基本的な知識
②どんな食事を意識していたのか
③具体的に何を食べていたのか

【筋トレについて】
①基本的な知識
②どんなトレーニングを心がけているのか
③トレーニング時間や頻度など
④具体的な部位別トレーニングメニューについて

【体のケアについて】
①体のケアとは
②心がけていること
③具体的なケア方法について

僕がお伝えするべき内容は大きくこの内容になります。
ですが、ここですべてを語ると長すぎるので、簡単に紹介します。


全てを知りたいという方は、最後にご紹介するnoteを是非ご覧ください。

食事について

①基本的な知識
まず初めに、基本的な増量のための食事知識からお伝えします。

基本的に、人間は天秤のようなものであり、消費カロリーと摂取カロリーのバランスで成り立っています。

消費カロリーとは、基礎代謝(消化などの生命維持に必要なエネルギー)と運動による消費エネルギー(有酸素運動など)です。
摂取カロリーとは、摂取したカロリー(食べ物、飲み物)です。

つまり、

基礎代謝+消費カロリ<摂取カロリー

のようにならなければ脂肪や筋肉はつかず、増量は不可能なのです。

例えば、基礎代謝2000㎉、消費カロリー500㎉の場合、2500㎉以上を食べなければ増えることはありません。
また、仮に3000㎉食べたとすると、過剰分500㎉が筋肉or脂肪になります。

※ここで注意なのが、「栄養バランス」「筋トレ」によって過剰分500㎉の筋肉が付くのか、脂肪が付くのかが決まります。

例えば、消費カロリーより摂取カロリーが多い場合でも、栄養バランス(PFCバランス)が悪いと脂肪が優先して付くのです。

以上の基本知識を踏まえたうえで、実践へ移っていきましょう。

筋トレについて

①基本的な知識

まず初めに、基本的な筋トレ知識からお伝えします。

基本的に、トレーニングを行うこと自体、様々な目的が存在します。
そして、人によってトレーニングを行う目的は様々です。

それぞれの目的に応じたトレーニングを行うことによって効果が異なります。大きくは下記の目的が一般的となるでしょう。

「筋肥大」:筋肉のサイズを大きくする事を指します
「筋力アップ」:筋肉のパワーを向上させる事を指します
「ダイエット」:無駄な脂肪を減らし、シェイプアップすることを指します
「ボディメイク」:脂肪を減らし、除脂肪体重を増やすことで、より見栄えをよくする事を指します。
「競技力アップ」:スポーツにおける専門的な能力向上を行うことを指します。
「機能維持・改善」:身体の老化を防ぐ事や、怪我からの復帰に行うリハビリなどを指します

簡潔にご紹介させて頂いただけであっても、大きな目的の違いがあります。

そして、筋トレを行う上で知っておかなければいけない「原理」「原則」があります。


それは、「三大原理」「五大原則」です。


原理原則を知らないだけで成長するスピードが遅くなることもあります。
人体の仕組みなのですから、これは押さえておかなければいけません。

まず初めに、三大原理・五大原則とは下記の通りです。

◆三大原理
・過負荷(オーバーロード)の原理
・特異性の原理
・可逆性の原理

◆五大原則
・全面性の原則
・自覚性の原則
・漸進性の原則
・個別性の原則
・反復性の原則

筋トレ知識は数多くありますが、「原理」「原則」これだけは押さえておきましょう。

原理原則を知らないことで、遠回りしたこともあります。
だからこそ、押さえておいていただきたい内容です。

これらを抑えたうえで、「どんなトレーニングを心掛けているのか」「トレーニング時間や頻度」についての内容に入っていきます。

体のケアについて

①体のケアとは
体は鍛えていても、ケアを怠っている人がほとんどです。
それは僕の周りの人もそうでしたし、体を大きくしたいと願う多くの人を見てきましたが、ほとんどが体のケアや、体調管理を怠っていました。

改めて、これだけは伝えたいです。

「体のケア」は、死ぬほど大事です。

デカくするためには、常に最高のパフォーマンスをして行かなければいけません。
ですが、少しでも調子が悪いとベストなパフォーアンスは行えません。

酷使し続けた身体にくるのは、取り返しのつかない体の故障なのだから。

本当に多くの事例を見てきましたが、自分もその中の一人でした。

皆さんはどうでしょうか?
「肘が悪い」「肩が悪い」「膝が悪い」「腰が悪い」などの身体の異常を訴える人はいませんか?

体のケアは面倒くさいものですが、続けていくことが大切です。
僕にとって体のケアとは、意識でいうと歯磨きみたいなものです。

ケアを行うのはめんどくさいし、いざケアをしようと思ってストレッチなどをしていても、真剣に身体と向き合わずに、つい携帯とか触りながらやってしまう。そんな方も多いでしょう。

ですが、行わなかった事は、必ずどこかで自分に帰ってきます。
今は大丈夫でも、これは必ず起こります。

だから、毎日歯磨きをおこなうように、毎日「体のケア」を行わなければいけません。


取り返しのつかない怪我が起こらないように。。。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「食事について」「筋トレについて」「体のケアについて」の概要をご紹介いたしました。


全てをご紹介すると、あまりにも長すぎるため、基礎的な要点をお伝えしましたが、ここまででもかなり重要な内容をお伝えしています。

noteでは、
「具体的な食事の頻度、メニュー内容、意識している事」
「筋トレの具体的メニュー、トレーニング理論、部位分けや重量設定など」
「体のケアの具体的方法、心掛けていること」

などなど、より詳細なところまでご紹介しています。

以下リンクです。


このnoteは、バルクアップ・増量や筋力アップを成功させて欲しい思いにこだわっております。

ですので、ダイエットを目的としている方、細身になりたい方は購入しないでください。
「筋肉を付けたい」「食べても体重が増えない方」「デカくなりたい方」「力強くなりたい方」等の方には必ず有益です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました