エニタイムフィットネスのシャワー利用について店長が解説します。

スポンサーリンク
Work
スポンサーリンク

皆さんは、エニタイムフィットネスのシャワールームをご存知でしょうか?

24時間ジムのシャワー室は通常のフィットネスジムとは異なり、簡易的なシャワールームとなっております。エニタイムフィットネスへの入会を検討されている方は、シャワールームも1つの検討材料となっていると思います。

実際お客様の多くが、シャワー室の設備や利用時の注意点などのご質問を多くお受けします。

なので、今回はエニタイムフィットネスのシャワー利用について、店長が詳しく解説致します。

◆エニタイムフィットネス(anytime fitness)の魅力・特徴について解説している記事もございます。

エニタイムフィットネスのシャワー利用について店長が解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エニタイムフィットネスのシャワールームとは

基本的な構造は漫画喫茶やカプセルホテルなど同様の簡易的なシャワールームとなっており、脱衣所と合わせて1つの部屋になっています。

シャワールーム自体は、大人1人入る大きさの小さなシャワールームです。

店舗によって異なりますが、基本は「男子1」「男女兼用1」「女子1」 の3つほどの部屋があります。

なので、店舗や在籍している会員数によってはシャワールームに待ち時間が発生する場合もあります。

◆【初心者向け】混雑してる時間についてはこの記事で詳しく解説しております。

シャワールームの設備

店舗によって設備面も異なる場合がありますが、基本的なシャワールームの設備は以下の通りです。

  1. 大きな鏡
  2. ドライヤー 
  3. 体重計
  4. サーキュレーター
  5. ハンガー
  6. 荷物入れ
  7. アルコール等の消毒液

※シャンプーやタオル、ボディーソープなどのアメニティは基本的に設置されておりませんので、自前の物を持参する必要があります。

利用時の注意点

利用時の注意点として大きく3つあります。

・アメニティ
・水虫対策
・利用時間やマナー

一つ一つ解説していきます。

アメニティ

前述致しましたが、基本的にシャンプーやタオル、ボディーソープなどのアメニティは付いておりません。

ですので、手ぶらで通ってしまうと水気を取るタオルなどもありませんので、ビチャビチャで帰らなければいけなくなってしまいます。

トレーニングをしっかり追い込み、汗をかいた状態は気持ち悪いと思いますので、ジムに行く際はアメニティを持っていくと良いでしょう。

◆筋トレ後のシャワーは良くない?効果とデメリットなど徹底解説

水虫対策

ジムは様々な会員様が利用する共用施設です。

ですので、シャワールームはあらゆる会員様が汚れを落とす場所であり、水虫の危険性も存在します。

24時間ジムなどの施設は毎日、徹底して掃除されておりますので、衛生的ではありますが、お客様が使用するたびに清掃をしているわけではありません。

店長
店長

清掃タイミングは昼頃のお客様の利用が最も少ないタイミングで実施されております。

ですので、夜以降に使用される方はどうしても、いろんなお客様の利用後に使うこととなります。

感染症などの対策を徹底されたい方は、設置されているアルコールなどの消毒液での消毒作業を徹底するか、利用を避けるなどの対策が必要となります。

利用時間やマナー

基本的に3つ~4つとご案内しましたが、時間帯によっては全てが使用済みとなり、待ち時間が発生する可能性があります。

実際、僕が運営している店舗においても、夕方以降の最も混雑するタイミングでは、すべてが使用済みとなり待ち時間が発生しているときがあります。

なので、いろんなお客様と気持ちよく利用するためにも、1回の利用につき20分前後の時間制限を設けている店舗もありますので、利用時間なども考慮しながら利用する必要があります。

◆他にも知っておくべきジムのマナーについてこの記事で紹介しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、エニタイムフィットネスのシャワー利用について店長が解説致しました。

まとると、

【設備】
・大きな鏡
・ドライヤー 
・体重計
・サーキュレーター
・ハンガー
・荷物入れ
・アルコール等の消毒液

【注意点】
・アメニティ
・水虫対策
・利用時間やマナー

エニタイムフィットネスのご入会を検討されております方は、是非この記事を参考にして頂ければと思います。

最後に、ダイエットを本気で成功させたい方、減量で悩んでいる方へご紹介があります。

noteでは、
「具体的な食事の頻度、メニュー内容、意識している事」
「筋トレの具体的メニュー、トレーニング理論、部位分けや重量設定など」
「体のケアの具体的方法、心掛けていること」

などなど、より詳細なところまでご紹介しています。

以下リンクです。


このnoteは、ダイエット・減量への成功にこだわっています。

ですので、『とりあえず』ダイエットをしてみよう、細身になってみようと甘く考えている方は購入しないでください!

この記事が参考になったと思った方は是非、高評価とコメントをお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました