筋トレ後のシャワーは良くない?効果とデメリットなど徹底解説

スポンサーリンク
Workout
スポンサーリンク

皆さんはハードな筋トレで出た汗をシャワーで綺麗さっぱり流したいですよね。

ですが、筋トレ後の入浴やシャワーはあまりよくないという話を聞いたことは無いでしょうか?
水で浴びるべきなのか、お湯で浴びるべきなのかなど、様々な話を聞きます。

なので今回は、筋トレ後にシャワーを浴びる効果やデメリットについて解説致します。

筋トレをしている人は風邪をひきやすい?風邪と筋トレの関係について解説していますので、合わせてご覧ください。

筋トレ後のシャワーは良くない?効果とデメリットなど徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレ後のシャワーは良くない?

結論から先に言うと、何の問題もありません。

筋トレ後の入浴は筋肥大に効果があるという賛成派の意見や、よくないという否定派の意見が横行していますが、科学的な研究結果はいまだ出ていません。

なので、筋トレ後のシャワーはよくない!と言い切ることはできませんが、その中でも効果が期待出ると言われているものをご紹介致します。

血流が促進される

温水でしっかりシャワーに入った場合、身体が温まり血流が促進されます。

血流を促進することで筋トレ後の疲労や損傷を回復する効果がありますので、ハードなトレーニング後にはシャワーをしっかり浴びることが良いでしょう。

筋肉に血管を効率よく浮き出させる方法について解説しています。

清潔になる

筋トレ後は汗をかなりかいていると思います。

中には朝にトレーニングをして、そのまま仕事に向かう方もいるでしょう。
そんな時に汗をかいたままだと、身体はベタベタしますし汗臭いままです。

シャワーでしっかり汗を流して清潔さを保つようにしましょう!

マッチョがモテる理由についてはこの記事をご覧ください。

副交感神経が優位になる

シャワーを浴びることで身体はリラックスした状態になります。

そうなると、身体だけでなく心もリラックスされることで副交感神経が優位になり、深い眠りに付くことができ身体の回復も早くなります。

眠っている間には成長ホルモンが分泌されますので、成長ホルモンが筋肉の成長に良い影響を与えてくれるのです。

筋トレ後のシャワーを浴びるデメリット?

筋トレ後のシャワーは良くないという説がありますが、これは筋肉が筋トレによって炎症を起こしてしまうリスクが高くなってしまっているので、炎症を促進させてしまうのではないかということから生まれた説です。

実際には、シャワーを浴びることで筋繊維が傷つくことは証明されておらず、筋トレ後にシャワーを浴びることで筋肉の成長を促進しているということも証明されていないのです。

なので、筋トレ後のシャワーについては「正解はありません」。

汗を流すことやリラックスして眠る準備をしたい方などは浴びることをお勧めしますし、不安な方はシャワーを浴びなくても良いでしょう。

おすすめは温冷浴?

筋トレ後には温かいお湯と冷たい水につかることがお勧めです。

温かいお湯によって血管が拡張され血流が促進されます。
冷たい水によって血管が収縮します。

そうすることでポンプのように血流を促進し、冷え性の改善やむくみの改善にも効果が期待できます。
また、血行が良くなり老廃物が排出されやすい状態になることで疲労回復にも効果的です。

なので、身体の疲労回復や老廃物の排出を行うためにも温冷浴がお勧めなのです。

サウナもおすすめ!

ジムにサウナがあるのならサウナを活用するのをお勧めします。

サウナに10分、水風呂1分、外気浴5分~10分を繰りかえし行うのです。
いわゆる「ととのう」です。※心肺機能が弱い方などは控えましょう

サウナも温冷浴と同じで老廃物の排出や血流の促進に非常に効果的なので、お勧めです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、筋トレ後のシャワーの効果やデメリットなどについて徹底解説致しました。

まとめると下記の通りです。

【メリット】
・血流が促進される 
・清潔になる 
・副交感神経が優位になる

デメリットは具体的に証明されていないので、正解はありませんが、お勧めは温冷浴でしっかりと疲労回復を狙うことが良いでしょう。

この記事が参考になったと感じたら、是非コメントをお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました