筋トレを効率よく行おう!基礎知識知識【筋肉・骨格】について知ろう!

スポンサーリンク
Workout
スポンサーリンク

皆さんはトレーニングしてますか?

トレーニングは良いですよね!
心も身体も健康的になり、仲間もでき、良い事ばかりです。

ですが、トレーニングは楽しくやる分には良いけど、目的を持って行うと中々効果が現れなかったりしませんか?

トレーニングはすぐに効果が出ないことが多いので、ある程度は割り切る必要がありますが、トレーニングで結果を出すには、筋骨格や内臓など、人体について知っておく必要があります。

筋骨格についての知識とは、筋肉や骨の付き方、動き方、それぞれの特徴や、負荷をかけると成長する仕組みです。

これらの基礎知識を理解することで、より効率よく効果を実感することができるのです。

トレーニングについても簡単にご紹介しておりますので、合わせでご確認ください。

筋骨格の知識となると、聴き慣れない単語が多く、拒否反応を起こしてしまう方もいらっしゃると思いますが、基礎知識として簡単に押さえておくようにしましょう。

筋トレを効率よく行おう!基礎知識知識【筋肉・骨格】について知ろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋肉について

トレーニングを行うにあたって、鍛えたい部位や発達させたい部位は皆さんあると思います。

その部位についての理解がなければ、トレーニングの効率が圧倒的に悪くなります。

筋肉には様々な種類や繊維があるりますが、必要最低限の理解が必要です。

例えば、種類で言うと約600種類あると言われており、各部位代表的な筋肉をあげると「胸の筋肉〈大胸筋〉」「背中の筋肉〈広背筋〉」「肩の筋肉〈三角筋〉」「前太腿の筋肉〈大腿四頭筋〉」「後太腿の筋肉〈ハムストリングス〉」「力こぶの筋肉〈上腕二頭筋〉」「二の腕の筋肉〈上腕三頭〉」などがあげられます。

なので、鍛えられることの多い部位についての知識は最低限知っておきましょう。

また繊維に関しても、鍵に対して「扇型についている〈羽状筋〉」「垂直についている〈紡錘状筋〉」などによって、鍛え方が少し変わってきますので、把握しておきましょう。

必ず、「どの部位に」「どの筋肉があり」「どんな動きをするのか」を理解し、筋肉によって「どこから」「どこまで」伸びているのかを理解することで、より効果的なトレーニングフォームで行うことができます。

骨格について

人間には約206個の骨があり、「上腕骨」「肩甲骨」など様々な種類があり、それぞれの骨格には動く方向が決まっています。

人間の骨格は人によって様々であり、動く可動域まで人によって違います。

ですので、よく有名人のトレーニングのフォームを参考にされている方が多いですが、骨の長さや可動域が違うため、自分に合ったフォームが存在します。

その為にも、「自身の骨格はどんなものなのか」「どんな骨があるのか」「どのように動くのか」など、人体の骨格について理解が必要です。

つまり、骨格の動きに合わせて基本動作を行うので、トレーニングにおいて骨格知識は必要です。

内臓について

内臓は「食物の消化」「栄養の吸収」「エネルギーの貯蔵」などの、各々の内臓によって役割があります。

筋肉は、内臓の働きによって成長するといっても過言ではありません。

身体は、「運動」「睡眠」「食事」によって発達しますが、「食事」の効果を最大限発揮するためには、内臓についての理解を深めることをお勧めしています。

また、それと併せて、各栄養素の吸収スピードや、「血中アミノ酸濃度」についてなど栄養とトレーニングの理解することも重要です。

筋肉は栄養がなければ発達しません。

最低限の栄養知識についてご紹介しておりますので、是非こちらもご覧ください。

また、エネルギーの過剰摂取によって内臓肥大などの悪影響の可能性もありますので、骨格に合わせて最低限の知識として押さえておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか

今回は筋トレに必要な筋骨格系についてご紹介致しました。

皆さんに分かりやすくお届けする為、まだまだ浅く広い内容になりますが、かなり難しくなってきていると思います。

ですが、これらの筋骨格系の知識は必ず必要です。

特に、骨格や筋肉についての知識がないまま、トレーニングを行い続けると、怪我の原因や効果が出るまで遠回りする可能性が高いです。

ですので、今後はより詳しい筋肉の種類や骨格についてご紹介致しますので、是非お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました