筋トレしている人がタンクトップをなぜ着るのか!24時間ジム店長が教えます。

スポンサーリンク
Fashion
スポンサーリンク

皆さんは、ジムで「タンクトップ」の人を良く見かけませんか?

筋トレをしている人の多くがタンクトップを着てトレーニングをしていますよね。
このタンクトップを着る人には共通の目的があるのです!

人によっては、

「生地の面積少なすぎて、恥ずかしくないのかな?」
「筋肉自慢がしたいのかな?」
「露出狂・・・?」

などなど、様々な意見があると思います。

今回は、そんな筋トレしている人がタンクトップをなぜ着るのか!24時間ジム店長が教えます。

筋トレしている人がタンクトップをなぜ着るのか!24時間ジム店長が教えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレしている人がタンクトップを着る理由

筋トレしている人がタンクトップをよく着る理由として大きく3つあります。

・筋肉の動作確認
・オシャレ、ファッション
・腕、肩回りの動作をスムーズにするため

1つ1つ詳しく解説していきます。

筋肉の動作確認

これは「ジムに鏡が多く設置されている理由」「鏡を見ながらトレーニングする理由」に関連しますが、筋肉の動作確認の為にタンクトップを着ている人が多いです。

筋トレは正しいフォームで筋肉に正しい刺激を与えることで発達します。

なので、フォームの乱れや姿勢の改善など筋肉に正しい刺激を与えるためにも、間違ったフォームで動作してはいけないのです

オーバーサイズの服やパーカーなどを羽織っていると、筋繊維の動きが確認できません。
鍛えたい部位が正しく動いているのか、間違ったフォームではないのか確認するためにも、肌を露出しているタンクトップを着て動作を行うのです。

店長
店長

決して肌を露出したい訳ではなく、「筋肉の動きを確認したい」のです!

◆ジムに鏡がある理由はこちらで詳しく解説しております。

オシャレ、ファッション

シンプルにオシャレで来ている人もおられます。

鍛え上げた肩や大胸筋は、綺麗なVシェイプを作りあげます。
圧倒的な逆三角形の身体にはタンクトップの姿が非常に映えるのです。

有名なフィットネスアパレルブランドである「CRONOS」「Vanquish Fitness」でも数多くのタンクトップが販売されております。

◆マッチョがモテる理由はこちらから!

腕、肩回りの動作をスムーズにするため

鍛え上げられた腕回りや肩は大きくなっていくため、市販のTシャツや長袖などの衣類のサイズが合わなくなっていきます。

特に太くなった腕はTシャツの袖には通らなくなっていき、ピチピチのフィットしすぎている服では、伸縮性が無ければ思うように動きません。

前述しましたが、筋トレは正しい刺激を与えるためにも、正しいフォームで動作しなければいけません。衣類がきつくて間違ったフォームで筋トレをしてしまっては本末転倒です。

なので、肩回りや腕回りなどの動作の多い肩回りが大きく開いているタンクトップは、筋トレにおいて機能性が非常に高いと言えます。

◆ジムでおすすめの服装についてはこちら!

タンクトップの種類について

タンクトップといってもいろんな種類を思い浮かべると思います。
それは、タンクトップには大きく3つの種類があるからです。

・ノースリーブタイプ
・タンクトップタイプ
・ストリンガータイプ

一つ一つ解説していきます。

ノースリーブタイプ

ノースリーブとは和製英語のため、海外ではスリーブレス呼びます。

ノースリーブはTシャツの袖だけ切り落としており、露出度はタンクトップの種類の中では最も低いです。過度な露出が恥ずかしい方は、このタイプがおすすめです。

タンクトップタイプ

タンクトップと言えば多くの方がイメージするのがこの種類だと思います。

ノースリブよりも露出度が高いので、筋肉をカッコよく見せることができます。
肩や胸の露出度が高いため、着ることに勇気が必要ですが、筋肉の動きをしっかり確認することができるのでお勧めです。

ストリンガータイプ

肩、首まわり、胸がざっくり開いており、タンクトップの種類の中で最も露出度の高い服になります。
また、背中側も大きく開いているので、上半身のほとんどの筋肉の動きを確認することができます。

肩にかける部分が極端に細いものもあるので、過度な露出にならないよう注意が必要です。

タンクトップを着る際の注意点

タンクトップを着る際に注意点が3つあります。

・サイズ
・ムダ毛の処理
・汗の処理

一つ一つ詳しく解説していきます。

サイズ

タンクトップを着る際にサイズ感は非常に重要な項目です。

肩回りが大きく開いているタンクトップでは、サイズを間違えると上半身が裸の様になってしまい(過度な露出)乳首が見えてしまいます。

多くのジムは「過度な露出厳禁」であり、女性会員がいるジムではセクシャルハラスメントにもなりかねません。

勿論、筋肉の動作を確認するためにも露出が多いほうが良いですが、サイズ感は非常に重要になります。

◆意外と知らないジムマナーについて店長が解説しております。

ムダ毛の処理

これはタンクトップを着る方は意識するべき点となります。

トレーニング動作には腕を大きく上げる動作があります。
その際、どうしても脇が開いてしまいますので、脇の毛が見えてしまいます。

人によっては気にされない方も多いですが、近年の風潮ではムダ毛は処理している方が良いとされておりますので、ムダ毛処理は欠かさずおこなっておくと良いでしょう。

汗の処理

Tシャツやトレーニングウェアを着用している方は、吸水性に優れたものが多く、汗を吸収してくれます。

ですが、タンクトップなどの肌の露出が多い衣類では、マシンなどに直接肌が触れてしまい汗が多く付着します。また、吸収してくれませんので汗が垂れてしまったりします。

店長
店長

トレーニング時は汗を吸収するタオルなども一緒に持っておくと良いでしょう。

ジムは多くのお客様が使用しますので、皆さんが快適に気持ちよく利用するためにも、汗のケアはきちんと行いましょう。

◆日本で流行しているトレーニングウェアについてこちらでご紹介しています!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は筋トレしている人がタンクトップをなぜ着るのか!24時間ジム店長が解説致しました。
まとめると、

・筋肉の動作確認
・オシャレ、ファッション
・腕、肩回りの動作をスムーズにするため

特に、筋肉の動作を確認するために露出の多いタンクトップを着ている人が多いです。

トレーニングはフォームで効率よくトレーニングすることもできますし、間違ったフォームでは怪我の原因にも繋がります。

なので、正しくトレーニングを行うためにも筋肉の動きを確認しやすいタンクトップが好まれるのです。

店長
店長

皆さんもタンクトップが似合うよう、筋肉を本気で鍛えてみてはいかがでしょうか!
きっとトレーニングが今よりも楽しくなると思います!

最後に、筋肉を付ける方法やバルクアップについての知識や考え、経験などの全てをご紹介すると、あまりにも長すぎるため、基礎的な要点をお伝えしました。

noteでは、
「具体的な食事の頻度、メニュー内容、意識している事」
「筋トレの具体的メニュー、トレーニング理論、部位分けや重量設定など」
「体のケアの具体的方法、心掛けていること」

などなど、より詳細なところまでご紹介しています。

以下リンクです。


このnoteは、バルクアップ・増量や筋力アップを成功させて欲しい思いにこだわっております。

ですので、ダイエットを目的としている方、細身になりたい方は購入しないでください。
「筋肉を付けたい」「食べても体重が増えない方」「デカくなりたい方」「力強くなりたい方」等の方には必ず有益です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました