アルバイトの教育について。元人事部が語るスポーツジムのアルバイト教育。

スポンサーリンク
Work
スポンサーリンク

皆さんが、店舗を運営していく上で難しいことって何が想像できますか?

売上をあげることでしょうか?経費を削減することでしょうか?
もちろん働くとなると沢山の困難が想像できるでしょう。

私が経験上一番難しかったのは、人と人との付き合いです。

どれだけ給料がいい職場でも、嫌いな人がいる職場は気持ちが滅入ります。
どれだけ頑張っても結果を出しても、周りが評価してくれないと仕事をしてる意味はありません。

また、その仕事をどれだけ気に入っていたとしても、人の出入りが激しい不安定な職場は不安が絶えません。

ですので、組織を運営するマネージャーは、必ず人材管理について把握しておく必要があります。

それに、皆さん職場環境が良いに越したことはないですよね。
では、今回はいい職場環境を形成する、重要な人材管理の報酬についてお話していきます。

実際に、店舗運営していくうえで、パート・アルバイトスタッフに報酬は必要なの?と思われている管理者も多いと思います。

主にフィットネスジムについてお伝えしていきますが、どの業種においても店舗運営をされている方は参考になるかと思いますので、是非ご覧ください。

アルバイトの教育について。元人事部が語るスポーツジムのアルバイト教育を徹底解説。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

育成

スタッフ教育の内容は様々で、人材管理の中でも特に難しい分野でもあります。

今回は、フィットネスジムで扱う教育で、最もポピュラーな「オリエンテーション」と「研修」についてご紹介致します。

オリエンテーション

新規採用されたスタッフに対して、会社やジムの案内を行い、通常業務を行うことができるまでの業務遂行能力を育みます。

研修する人によって、クオリティの違いが出てはいけないので、再現性の高い資料や動画を用いて研修することをオススメします。

会社側は、研修期間を戦力として換算することができません。
また、労働者側も通常の賃金より低い場合が多いので、あまりいいことはありません。

ですので、効率よく案内できるオリエンテーションを構築しましょう。

研修

定期的に業務遂行能力の更新と、新規技術の定着のために研修をおこないます。

研修内容については、新しい役職につく前に行うことも多く、様々です。

会社が求める人材に育てるために研修はおこないますが、詰め込み過ぎても意味がない為、順序をおって階層別に行うことをオススメします。

また、研修の方法も、通常の講義のようなモノばかりではなく、OJTなども折り込み行うことで、効率よく業務の習得が行えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

人は立派な人材であり、スキルの高いスタッフは何よりも手放したくありません。

会社はスキルが高く、長く働いてくれる人を育て上げる必要があります。
だからこそ、教育は適当に行っていいものではありません。

マネジメントの方法は様々で、マネジメントの方法を調べただけで何十通りと出てくると思います。

何十通りもあるのは、それだけ教育が難しいということなのです。
正解の方法はなく、その人に合わせて行う必要があるのです。

また、研修やオリエンテーションには様々あります。

例えば、日々の業務の中でどれだけの教育ができるかが重要で、スタッフとの関わり方が一番の教育だったりします。

その教育の様々な方法に関しては、またお伝えさせていただきます。

また、人材管理について様々な記事をご紹介しておりますので、是非そちらも併せてお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました