トレーニングに水っているの?どのくらい飲めばいいのか!【トレーナー解説あり】

スポンサーリンク
Nutrition
スポンサーリンク

皆さん、水は好きですか?

僕たちは大好きです!

人間の身体は、60%近くが水分とされています。
ですので、人間のほとんどが水分であり、水は僕たちにとって必要不可欠なのです。

ですが、水って人間の身体にどの様な働きをして、1日どのくらい摂取する必要があるかご存知でしょうか?

今回は健康を愛し、健康に愛された僕たちが身体と水の関係性についてお伝えしていきます!

トレーニングに水っているの?どのくらい飲めばいいのか!【トレーナー解説あり】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トレーニングに水っているの?

水を摂取することで、得られる効果は沢山ありますが、主な働きは「成分の溶解」「成分の運搬」「体温調節」等があげられます。

物質の溶解

水は様々な成分を溶かしやすい溶媒です。
食事を摂取した際の栄養素を吸収しやすい形に分解されるのですが、その際に水が働いてくれます。

物質の運搬

水分を含む 血液やリンパ液は体内の物質を身体中に運びます。
また、老廃物なども体外に排泄する働きがあります。

体温調節

水は温まりにくく、冷めにくい性質があります。
水は温度の変化が少ないので、体温を一定に保つことに役立っています。

水の摂取量

水は普通の栄養素と違い、どの程度摂取すればいい等の基準はありません。

ですが、前述したとおり、人間の身体はほとんど水分ですので「水を取らない」なんて無謀なことは出来ないのです。

ですので、今回は「1日に消費される水分」「1日に必要な水分」をみていきましょう。

1日に消費される水分

1日に必要な水分は約2,400mlとされています。

その内訳は、尿で「約1,500ml」、汗で「約500ml」、便で「約100ml」、呼気で「約300ml」とされています。

1日に必要な水分

最低でも、2,400ml以上の摂取が必要です。

その摂取の方法は、飲料水からでも食事からでも構いません。1日に2,400ml以上できれば問題ないと言う訳です。

また、人間の身体は、体内の水分量を均衡に保とうとする為、汗をかいた場合は必要な摂取する水分量は必要になりますし、余分に水分を摂取すれば尿として体外に排出されます。

ですので、頻繁に汗をかく人に関しては、3,000ml以上は摂取する様に致しましょう!

水分が足りなくなるとどうなるの?

人間が生きていく為に水はとても大切です。
ここまでの内容で十分にご理解頂けたと思います。

ですが、別に飲まなくても良いのでは?と思う方もいると思いますので、ここでは水を摂取しないリスクについてご紹介致します。

リスク

人間の、脳や筋肉、腸、腎臓、肝臓などの臓器は水分含有量が多く約80%とされています。

ですので、体の水分が不足すると、熱中症や脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな病気のリスクが伴います。

また、身体から水分が1%失うと「喉の渇き」が現れ、2%失うと「めまい」「吐き気」を伴い、「食欲減退」なども現れます。

そして10~12%失うと「筋痙攣」や「失神」が哀れ初め、20%以上失うと、「生命の危機」を伴い最悪の場合、死に至ります。

また、3日以上水分を摂取できない場合、生命活動そのものが困難だとされています。

ですので、水分は必ず摂取する様にしましょう!

まとめ

いかがだってでしょうか?

いつも何気なく飲んでいる水ですが、人間にとって必要不可欠なものであると改めて理解して頂けたらと思います。

今回は、生きていくための水分についてを中心にお話しさせていただきました。

次回以降も、どの水を摂取するべきなのか、適切な温度、などなどより詳細にご紹介致しますので、是非お楽しみに!

水と健康の関係性ついて、こちらの記事でご紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました