筋肉には「納豆」!筋トレに最適な食事である理由とは!

スポンサーリンク
Nutrition
スポンサーリンク

皆さんは、筋トレに納豆が最高の食品であることをご存知でしょうか。

納豆の原料である大豆は「畑のお肉」と言われるほどに豊富なたんぱく質を含んでおり、筋肉にとっては欠かせない栄養素を多く含んだ食品なのです。

僕もバルクアップ(増量)の際にはよく食べていましたし、たんぱく質の摂取には最高の食品でした。

納豆は筋トレにとって欠かせない食品と言っても過言ではないのです。

今回はそんな納豆について、筋トレに最適な食事である理由について詳しく解説致します。

◆食事制限しても体重が落ちない3つの原因についてはこちら

筋肉には「納豆」!筋トレに最適な食事である理由とは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋肉に納豆が良い理由

筋肉に納豆が最適である理由として、大きく3つございます。

①豊富な栄養素
②消化吸収されやすい
③疲労回復効果

一つ一つ詳しく解説していきます。

①豊富な栄養素

納豆の原料である大豆には豊富なたんぱく質はもちろん、カルシウム、イソフラボン、ビタミンなど体にとって必要な栄養素が多く含まれているのです。

大豆は別名「畑のお肉」と言われるほどに、たんぱく質が豊富であり、有名なホエイプロテインに並び、ソイ(大豆)プロテインという商品があるほどにたんぱく質が豊富なのです。

◆筋肉を付けたい方へおすすめのプロテインはこちらで紹介しています。

②消化吸収されやすい

日本人は古来より農作物から栄養を補給しており、大豆は発酵食品として食べられてきました。

発酵によって栄養が分解されやすい状態にあるので、他の食品に比べて吸収されやすく、消化も早い特徴があります。

③疲労回復効果

大豆の栄養素として有名な「イソフラボン」には抗酸化作用があり、あらゆる健康食品にふくまれています。

発酵することで変質や変異することがないので、大豆から納豆になっても抗酸化作用があり、有名な食品です。

納豆を食べるタイミングやポイント

納豆を食べるタイミングやポイントは、「筋トレ後」「加熱しない」「炭水化物と一緒に食べる」ということです。

詳しく解説していきます。

筋トレ後

筋トレによって損傷した筋肉には栄養が必要です。

筋トレ後30分以内は「ゴールデンタイム」と呼ばれるほどに栄養吸収が早い、筋肉の成長には欠かせないタイミングです。

基本的には吸収の早いプロテインを摂取する方が多いですが、サプリメントよりも食事で摂れるのであれば問題ありません。むしろ食事からとれる方が良いのです。

なので、筋トレ後に食べることができるのであれば積極的に食べるようにしましょう。

加熱せず食べる

発酵食品は基本的に加熱せず食べます。

発酵食品に含まれる酵素やビタミンは熱に弱いことが多く、効率良く栄養摂取をするためにも加熱せず食べることが基本になります。

炭水化物と一緒に食べる

筋トレをしている人はたんぱく質のみを多く摂取しがちですが、たんぱく質のみですと吸収効率が悪いと言われています。

理想の栄養バランスを意識して、食事をするためにも炭水化物を合わせて摂取することがおすすめです。

◆筋トレに必要な炭水化物の量についてはこちらから。

納豆と相性の良い食品

前述致しました通り、たんぱく質のみを大量に摂取するよりも栄養バランスを考慮して摂取する方が結果的に吸収が早いのです。

今回は、納豆と合わせて食べることで相乗効果のある食品を簡単にご紹介いたします。

■オリーブオイル
オリーブオイルの効能として、コレステロール値を下げ、血液をさらさらにする効果があります。
また、骨を丈夫にしたり便秘解消にも役立つと言われていますので、非常に相性が良いのです。

■キムチ
発酵食品は人間の身体にとって吸収しやすいものであり、発酵食品同士であれば、相乗効果によってより吸収力スピードが上がるのです。

■卵黄
納豆と卵の組み合わせは比較的ポピュラーな方法です。
卵も完全食と言われるほど栄養の豊富な食品ですので、合わせて取ることでより多くの栄養素を吸収することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、筋肉には納豆が最適な理由について解説致しました。
まとめると下記の通りです

①豊富な栄養素
②消化吸収されやすい
③疲労回復効果

タイミングやポイントとして、筋トレ後に加熱せず炭水化物と一緒に摂ることを心がけましょう。

この記事が参考になったと感じたら、是非コメントをお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました